FC2ブログ

09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

SLPCAT'S BLOG

PCゲーム、FC改造.

64Mbit SNES EXHIROM CART 製作 その2 

遂に64Mbit SNES cart が完成した。
わかりやすくするため、ちょっと汚い配線になってしまった。
わたしが以前作ったSNES4EPROMをさらに改良した仕組みを元にしている。
閃いたのは、ぽんRevさんのこの記事。配線を参考にしてみた。
74HCT139を使って、A22ピンの信号の生成に成功した。
あとはカセットの使用されていない48ピンにつなぐだけ。
mad1は13ピンをカットして、裏側にROM1,ROM2のA21を両方つなげて、
裏側13ピンにつなげる。
A21,A22,OEは裏側のピンヘッダはなし。
A20はまとめて基板のA20につなげている。
ROMは、48mbitの場合、ROM1は32mbitまで、rom2は16mbitまで焼く。
焼きミスが多発したので、テスト基板は必須だ。
また、TSOP基板の半田付けミスも多いので注意。
この回路図っぽいものは後ほど修正します。
こんな感じだと思っていただければ結構です。

CIMG7483.jpg
このようにピンヘッダを取り付ける。
CIMG7498.jpg
mad-1は13番pinを接続しない。
CIMG7484.jpg
CIMG7487.jpg
CIMG7488.jpg
74HCT139.
CIMG7492.jpg
cart48ピン。普段は使用されていない。
CIMG7419.jpg
最後に、BBさん完成しました。
貴重なコメントどうもありがとう。
BLOGをみていただいている皆様、ありがとうございました。
とても私一人の力だけでは完成しませんでした。

追記:その3はセーブ、SRAMについて解説。
まだおわりじゃないよ。


スポンサーサイト



2011/10/09 Sun. 23:37 | trackback: 0 | comment: 4edit